ファクタリングのメリットとデメリットの比較

ファクタリングを利用するに当たり、そのメリットは何があるのか?一般的には売掛先起業から支払いが行われまでに支払いサイトではタイムラグが起きてしまいます。

日数にすると一ヶ月から半年も起きることがあり、それまでキャッシュフローにならないようファクタリングが有効とされています。


キャッシュフロー自体は何とかすることができたとしても、その間に借金が増えればそれだけ利子を支払わなければいけません。
ファクタリングなら、売掛債権の譲渡になるので、資金化しても借入れとして計上する必要もありません。
また売掛をしても資金化することができるのかは難しい時代でもあり、倒産などの状況も考えなくてはいけませんが、そういった心配もしなくて済むメリットは大きなものと言えるでしょう。


その反面デメリットとして挙げられることは手数料や掛目が必要になり、また売掛先企業と自社、ファクタリング会社との間で取引されるようなら、売掛先企業の承諾が必要になってきます。

おすすめのファクタリングについての知識を高めてもらうためのサイトです。

こういったことから、かなりの時間が必要になってくる場合もあるので、そこを踏まえて交渉や手続きといったことをしていかなくてはいけなくなります。
そして債権譲渡登記が必要になる場面もあることを覚えておきましょう。



これは倍掛先と取引をしたときに内容を確認して、それによっては売掛債権を譲渡するにあたり、債権譲渡特例法に基づいて債権譲渡登記をしなければいけなくなります。
ファクタリング会社によっては登記が要る場合もあるので、確認しておくことが大切です。