ラッピングトラックを使うメリットとデメリットとは?

街を歩いていると荷台に広告が貼られているラッピングトラックを見かける事があります。

もちろんこのトラックの目的は企業名を知ってもらったり売り出したい商品をPRする事です。

トラックのラッピングがオススメです。

中にはラッピングだけでなく音楽を流したりして視覚だけでなく耳からも知ってもらおうとしています。ではこのラッピングトラックを使うとどのようなメリットがあるのかというと、人が外で歩いていても、運転中でも派手な宣伝カーを見かけると別に興味や関心がなくてもつい目にしてしまうというの大きなメリットです。
今のところ特に広告に関して規制もないので企業としては使う意義はあります。
また広告をして走る場合、塗装だと一度塗ってしまうと中々元に戻せませんが、ラッピングであれば広告が終わったらすぐにきれいにはがす事が出来るというのもメリットです。

あわせて耐久性もあるので屋外を猛烈な暑さの中や雨の日や雪の日に走ったとしても塗装がはげてしまったりする事もないので安心です。



環境にもよりますが一度ラッピングをしてしまえば数年はきれいなままの状態を保つ事ができます。



一方デメリットは何かというと、広告を出してトラックが町中を走っても実際に売り上げや認知度アップに効果が出ているのかを見た人一人一人にアンケート調査をして調べたわけではないのでPR効果が出ているかが分からないという点が挙げられます。
さらにそのトラックを運転している人がマナーや運転態度が悪かったりすると広告の印象自体も悪くなりかねないというのがデメリットです。