• Wリングノートには国際規格がある

    • Wリングノートは、櫛状に曲げられたワイヤーを筒状にして国際規格である1/3インチピッチで開けられたノート紙の穴に通して綴る方法で作られたノートです。


      糸綴じされたノートとは異なり、ノートを開いた時に綴じ目に近い部分まで平らに置けることからノートの端まで記入することが出来ます。
      また、Wリングの部分を境にして記入面を裏返すことが出来るため、机などの平面に置かずに片手持ち状態で記入する際にもノート自体が膨らまずに書きやすいというメリットがあります。

      また、1枚のみ切り離したい場合にも破った部分が抜けたとしても糸綴じされているわけではないので、対になっているページが抜けやすくなるといったことは起きません。
      Wリングノートにもデメリットは存在しますが、解消する関連商品も出てきていますから使い勝手に合わせて選択することが出来ます。
      ページ数が多いノートの場合、綴じ具部分が嵩張ります。

      また、ノート紙を1枚ずつ抜き差しが出来ないためノート同士を編集して使うといったことがページ単位では出来ないという問題があります。

      この点については、近年Wリングノート用のリングノートリムーバーというものが登場しています。リムーバーを用いることでWリング部分を容易に解くことが出来るため、国際規格である1/3インチピッチで開けられたノート穴であればルーズリーフのような使い方が出来るようになります。


      普段使いのノートをページ単位で編集するという際に利用してみるとより便利になります。

      真剣に雨漏り修理費用情報選びはインターネットで行う時代です。

      ターゲットに応じたイタチ 駆除について補足説明いたします。

      効率がいいバーベキュー 肉の詳細は専用ホームページで紹介しています。

      口コミ評判の高いPマーク コンサルティングについての情報を提供しています。



      https://m3q.jp/t/6351

      http://rocketnews24.com/2017/01/25/853717/

      http://www.47news.jp/localnews/tokyo/2017/02/post_20170224072115.html

  • 関連リンク

    • Wリングノートには国際規格がある

      Wリングノートは、櫛状に曲げられたワイヤーを筒状にして国際規格である1/3インチピッチで開けられたノート紙の穴に通して綴る方法で作られたノートです。糸綴じされたノートとは異なり、ノートを開いた時に綴じ目に近い部分まで平らに置けることからノートの端まで記入することが出来ます。...

    • ボックスティッシュのお買い物

      主婦になると買い物をする定番商品としてボックスティッシュがあります。どこの家庭でも欠かせないものの一つなので、5箱1セットになったものを購入するのが普通です。...